$\require{mediawiki-texvc}$
  • 검색어에 아래의 연산자를 사용하시면 더 정확한 검색결과를 얻을 수 있습니다.
  • 검색연산자
검색연산자 기능 검색시 예
() 우선순위가 가장 높은 연산자 예1) (나노 (기계 | machine))
공백 두 개의 검색어(식)을 모두 포함하고 있는 문서 검색 예1) (나노 기계)
예2) 나노 장영실
| 두 개의 검색어(식) 중 하나 이상 포함하고 있는 문서 검색 예1) (줄기세포 | 면역)
예2) 줄기세포 | 장영실
! NOT 이후에 있는 검색어가 포함된 문서는 제외 예1) (황금 !백금)
예2) !image
* 검색어의 *란에 0개 이상의 임의의 문자가 포함된 문서 검색 예) semi*
"" 따옴표 내의 구문과 완전히 일치하는 문서만 검색 예) "Transform and Quantization"
쳇봇 이모티콘
안녕하세요!
ScienceON 챗봇입니다.
궁금한 것은 저에게 물어봐주세요.

논문 상세정보

朴重鎬の「回帰」論

A Study on Park Chung-Ho's 「Kaiki」

일본어문학 no.58 , 2012년, pp.149 - 166   http://dx.doi.org/10.21792/trijpn.2012..58.008
김정혜
초록

本稿では、朴重鎬の「回帰」の作品分析を通して、身体的トポスの意味について、アイデンテイテイ形成におけるトポスの役割について、そして、作者のメッセージについて考察した。その結果、「回帰」においては、身体的トポスの中でも特に五感を通してのトポスが作品に多く描写されていることが判明した。そして、それは、自然と人工という概念で分けられ、<在日>は人工という概念の範疇に入るという作者のメッセージを読みとった。また、身体的トポスの意味と登場人物のアイデンティ形成におけるトポスの役割としては、韓国と北朝鮮という対比によってそれは明らかになった。聴覚․嗅覚という身体の一部で描写する韓国人と、北朝鮮の航海士には五感全身を傾けて対するその差異から自ずと作者の祖国に対する思いを推論することができた。そして、最後に、帰国事業によって人生を変えられた達と玉順夫婦の身体的トポスは、死と再生という結末を得た。もう子供の産めない体になってしまった玉順は、祖国にいる弟一家を支援することで、生きる意味を得、未来へ向って進んで行く決心をする。明秀のトポスは、今後も港町室蘭であり、船内であり、それらを包む自然である。それらは、明秀にとって生きる日常であるが、明秀をどこか今とは違った場所へと誘うものでもあるのである。

참고문헌 (0)

  1. 이 논문의 참고문헌 없음

이 논문을 인용한 문헌 (0)

  1. 이 논문을 인용한 문헌 없음

원문보기

원문 PDF 다운로드

  • KCI :

원문 URL 링크

  • 원문 URL 링크 정보가 존재하지 않습니다.
상세조회 0건 원문조회 0건

DOI 인용 스타일